試行錯誤を繰り返しめげずにWIN5予想を続けるけなげなブログ。 それがWIN5予想サイトブログ!競馬予想サイトの紹介などWIN5関連や予想の参考 になる様々な情報を提供。WIN5を的中させたい…そんな方はWIN5予想ブログで決まり!

カテゴリー:海外競馬

凱旋門賞で日本の馬に賭けてみたい人へ!

海外競馬

先月、ジャスタウェイとゴールドシップが凱旋門賞に挑戦するという発表がありました!
以前から凱旋門賞への参戦を表明していた桜花賞馬ハープスターと合わせて、今年は日本から3頭もの馬が参戦する予定なので、例年以上に注目度が増しそうです。

これは、絶対テレビで見なければっ!出走する頭数が多いほど日本馬が勝利する確率は単純に高くなりますからね!応援にも熱が入りそうです。

が、しかし!!

応援するだけじゃなくて、どうせなら日本の馬に賭けたい!!
そう思いませんか!?賭けた方が競馬は何倍にも楽しくなりますからね!

とは言ってもJRAで馬券が買えるわけではないし・・・、どうすれば・・・。

そこで、私が見つけたのが「ブックメーカー」というものでした!

ブックメーカーとは?

ブックメーカーを簡単に説明すると、スポーツの勝敗にお金を賭けることが出来るサイトのことです。6月に行われたワールドカップではブックメーカーのオッズが数多く報道されていたので、知っている人も多いかも知れませんね。

賭けることの出来る種目はサッカーや野球と言ったメジャーなものからマイナーな種目まで多種多様で、その中に競馬もあります。ブックメーカーでは世界中の競馬レースに賭けることができるため、会員登録を行えば日本から凱旋門賞に賭けることが可能となるのです!

ブックメーカーは違法じゃないのか?

ここで気になるのは、「スポーツ賭博をやっているブックメーカーは違法ではないのか?」ということでしょう。

日本ではブックメーカーを運営することは法律で禁止されていますが、イギリスなどの一部の国では政府がライセンスを発行しており、ブックメーカーの運営が認められています。

そのため、イギリスなどではブックメーカーは合法であり、歴史も長いため、会社によっては銀行や証券会社などの金融機関と同等の企業評価を得ているところもあるくらいです。

では、「日本から海外のブックメーカーにアクセスして賭けるのは違法なのか?」ということになります。

答えは「違法でも合法でもない」です。
現在の日本にはブックメーカーの利用を定めた法律も判例も存在しないため、違法でもなければ合法でもないと言った状態にあります。そのため、摘発された事例もありません。

ブックメーカーの違法性についてはこちらのサイトに詳しく書かれていました。
【朗報】ブックメーカーの違法性に関する弁護士の意見

老舗「ウィリアムヒル」が良さそう!

ネット上には数多くのブックメーカーが存在していますが、日本語が使えて、信頼性が高いサイトを使いたいですよね。私が探した中で良さそうだったのが1934年創業の老舗ウィリアムヒルでした。

イギリス国内には実店舗が多数あり、信頼性も高いサイトです。

ウィリアムヒル

早速、利用したいところですがいくつか手順があるので、そちらを紹介します。

ウィリアムヒルやそのほかのブックメーカーを利用するのは、「ネッテラー」というイギリスの決済サービスに登録する必要があります。

ネッテラー

ブックメーカーで賭ける場合はこのネッテラーを通して賭けたり、払戻しをもらったりします。
ネッテラーはロンドン証券所上場企業ですので信頼性の高い機関だと考えて大丈夫でしょう。

●ネッテラーの登録方法はコチラ⇒ネッテラー(Neteller)日本語ガイド

次にウィリアムヒルの登録を行います。

▼ウィリアムヒルの登録はコチラ▼

登録の手順に関しては以下の記事が参考になりました。
William Hill(ウィリアムヒル)の登録方法

ブックメーカーを利用して、来たる凱旋門賞を楽しみましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP