試行錯誤を繰り返しめげずにWIN5予想を続けるけなげなブログ。 それがWIN5予想サイトブログ!競馬予想サイトの紹介などWIN5関連や予想の参考 になる様々な情報を提供。WIN5を的中させたい…そんな方はWIN5予想ブログで決まり!

カテゴリー:競馬予想サイト検証

4月7日のWIN5と桜花賞の結果!

1224win5結果

今回のWIN5は上位人気の馬が1勝しか出来ず的中票数は8票で、払戻しは76,540,940円と超高額配当となりました!7000万超ですよ~。的中した人は本当に凄いですよねー!羨ましい!

2桁人気の大穴が突っ込んでくるようなレースはありませんでしたが、1レース目の汐留特別、2レース目の大阪-ハンブルクCから5番人気が勝利する展開で、5レース目の桜花賞では7番人気のアユサンが勝利する荒れっぷりでしたからね。この的中票数の少なさも納得です。

最近のWIN5ではロードカナロアやオルフェーヴルのように強力な馬が出走するレースがあり、点数を絞ることが出来ましたが、今回は点数を絞れそうなレースが無かったことも、的中票数の少なさに繋がったと思われますね。

先週の記事ではWIN5に含まれるレースの中から桜花賞を予想していたので、今回の記事では桜花賞の結果を見ていきたいと思います!

桜花賞はアユサンが勝利!

アユサン

桜花賞の着順は以下のようになりました。

1着:アユサン(7番人気)
2着:レッドオーヴァル(2番人気)
3着:プリンセスジャック(14番人気)

桜花賞は過去6年間の連対率では、1番人気が67%でトップ、続いて2番人気が50%となっており、人気上位の信頼度が高いレースという傾向でした。しかし、今回は人気上位で馬券圏内に入れたのは2番人気のレッドオーヴァルのみで、1着は7番人気のアユサン、3着に至っては14番人気のプリンセスジャックという結果でした。プリンセスジャックは直近の3レースで凡走しており、完全にノーマークでしたね・・・。

1番人気のクロフネサプライズはハナを切って逃げ切ることが出来ず、4着に終わりました。前走のチューリップ賞で後続に3馬身半の大差をつけて逃げ切っているので、他の馬にマークされることは予想されましたが、それでも行けるかと思ったんですけどね・・・。前に行きたくても行けず道中かかってしまい直線で伸び切れず、残念でした。

1着のアユサンは急遽デムーロ弟に乗り代わったにも関わらずの好走でした!G1レースでは史上初となる兄弟でのワンツーフィニッシュとなっています。個人的には武兄弟のワンツーフィニッシュを見たかったなー。

脚質に注目した結果は?

脚質に注目すると、馬券に絡んだ馬の3分の2は差しと追い込み馬で、差せる馬が強いという傾向でした。

1着~3着のコーナー通過順位を見ると、1着アユサンは9-10、2着レッドオーヴァルは15-14、3着プリンセスジャックは13-14となっており、どの馬も後ろの方から差していることが分かります。特にレッドオーヴァルは14番手から追い込んでおり、上がり3ハロンのタイムもメンバー1と自慢の末脚を存分に発揮できた結果となっていますね。今回の桜花賞は脚質の傾向が大きく出たレースだと言えそうです。

前走のレースに注目した結果は?

トーセンソレイユ

出走数と連対数の多さで信頼度が高いのは前走チューリップ賞組という傾向がありました。

馬券に絡んだ3頭の前走レースを見ると、3頭とも前走でチューリップ賞に出走しており、今回の桜花賞はチューリップ賞組が総なめする結果となりました。前走のチューリップ賞で馬券に絡んだのはアユサンのみで、レッドオーヴァル7着、プリンセスジャック8着という結果だったため、必ずしもチューリップ賞で好走していることが今回の桜花賞に繋がったということではないようですね。

また近年では前走エルフィンS組の好走が目立っていたのですが、エルフィンSで1着だったトーセンソレイユは7着といいとこなしの結果でした。血統的には期待できる馬なのですが、馬体重も減ってましたし、少し出遅れたのが響きましたかね。

まとめ

<桜花賞の予想とその結果>
クロフネサプライズ(4着)
トーセンソレイユ(7着)
クラウンロゼ(16着)
ローブティサージュ(5着)
メイショウマンボ(10着)

今回はクロフネサプライズとトーセンソレイユが馬券に絡むことが出来なかったため、いいとこ無しの結果でした。
今週末はまたG1レースの皐月賞が開催されるので、めげずに予想して行きたいと思います!!

人気急上昇中の注目予想サイト【大川慶次郎】

大川慶次郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP