試行錯誤を繰り返しめげずにWIN5予想を続けるけなげなブログ。 それがWIN5予想サイトブログ!競馬予想サイトの紹介などWIN5関連や予想の参考 になる様々な情報を提供。WIN5を的中させたい…そんな方はWIN5予想ブログで決まり!

カテゴリー:WIN5レース結果

10月6日のWIN5と毎日王冠の結果!

1007win5結果

出ました!!2億円!!そして、キャリーオーバー!!
上の10月6日のWIN5の結果を見てもらえると分かりますが、今回の的中票数は1票!払戻金はWIN5のMAX額となる2億円!!次回に持ち越された金額は3億7000万円を超えました!

前回のキャリーオーバーは今年の5月5日で、キャリーオーバー額は5億3000万円でしたが、この時は的中票数ゼロでのキャリーオーバーだったので、今回よりもキャリーオーバー額が大きくなっています。

キャリーオーバーが発生したということは、大波乱のレースがあったということですが、今回荒れたのは4レース目の京都大賞典でした。このレースは単勝オッズ1.2倍で断トツの1番人気に支持されたゴールドシップが出走してましたが、予想外の5着。勝利したのは大穴、11番人気のヒットザターゲットでした!

11番人気が1着に突っ込んで来たら、普通に予想していたのでは、的中はほぼ不可能だと行っても過言ではないでしょう・・・。そんな時は、コンピュータにランダムで選んで貰うのも良いですが、それではかなり無駄な組み合わせを買うことになるので、ランダムに買うよりは予想サイトなどのプロの予想を参考にするのも良いでしょう!

先週は【馬券フォーカス】が無料情報で好成績を残していました。

馬券フォーカス 無料情報

馬券フォーカスは日曜日の毎日王冠の推奨馬として、4番人気の「エイシンフラッシュ」を推奨し、見事に的中させています!このようにWIN5の情報は提供していなくても、WIN5に使える情報は多いので、うまく活用して、WIN5で夢を掴みたいですね!

馬券フォーカスの詳しい検証は【馬券フォーカスを検証!その2】で詳しく書いているので、参考にどうぞ!

それでは、前回の記事で予想していた毎日王冠の結果を振り返っていきたいと思います!

毎日王冠はエイシンフラッシュが勝利

エイシンフラッシュ

毎日王冠の着順は以下のようになりました。

1着:エイシンフラッシュ(4番人気)
2着:ジャスタウェイ(6番人気)
3着:クラレント(5番人気)

毎日王冠は波乱だったり堅く決まったりと、なかなか傾向の読み辛いレースということでした。今回は二桁人気が突っ込んで来ることはありませんでしたが、上位人気が馬券に絡めなかったことから、中波乱だったと言えるでしょう。

1番人気に推されたショウナンマイティは6着に敗れました。はやり、中間で釘を踏んでしまった影響が大きかったのでしょうか?また、2番人気に推されたコディーノも7着と撃沈。

勝利したのは4番人気のエイシンフラッシュ!昨年の天皇賞(秋)以来、重賞で勝利がなかったので、今回も厳しいかなと思ってましたが、メンバー唯一のG1ウィナーはやはり格が違いました。エイシンフラッシュは今年も、昨年と同様にデムーロ騎手とのコンビで天皇賞(秋)に挑むようなので、注目ですね。

年齢に注目した結果は?

年齢に注目すると、5歳馬が最も好走しているのですが、ここ3年間は3歳馬が5連対していて、フレッシュな馬が好走する傾向が強まっていました。

そのため、今回の予想でコディーノを本命にしていたのですが・・・。勝利したのは、6歳馬のエイシンフラッシュでした。6歳馬は過去10年間で未勝利だったので、今回の勝利がどれだけ稀だったかが分かりますね。

脚質に注目した結果は?

ジャスタウェイ

過去10年間のレースデータでは、前の馬が残りやすい傾向で、先行できる馬が好走しているというものでした。

馬券に絡んだ馬のコーナー通過順位を見て見ると、1着エイシンフラッシュは4-4-4、2着ジャスタウェイは5-5-5、3着クラレントは1-1-1となっていて、どの馬も真ん中よりも前の方でレースを展開したことが分かります。

逃げ切るのは難しいという傾向通り、ハナを切ったクラレントは前に残れず、3着に終わりました。

まとめ

毎日王冠の予想で軸にしていたコディーノとショウナンマイティが揃って沈んでしまったのは予想外でした・・・。また、ジャスタウェイの好走も見抜け無かったは痛かったです。

エイシンフラッシュは昨年の天皇賞(秋)から勝利が遠のいていたとは言え、2010年のダービー馬ですからね!やはり、底力が違いました!今回エイシンフラッシュに騎乗した福永騎手は2009年の萩S以来の騎乗だったのですが、「あれからダービーを勝って、天皇賞を勝って日本を代表するトップホースになりましたからね。休み明けで100%の状態ではなかったにもかかわらず、これだけの強い競馬。やはり相当な能力があるし、まだまだ衰えていないなと思いました」とコメントしている通り、まだまだ今後が楽しみな1頭ですね。

秋華賞の情報をゲット!!【ベストレコード】

ベストレコード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP