試行錯誤を繰り返しめげずにWIN5予想を続けるけなげなブログ。 それがWIN5予想サイトブログ!競馬予想サイトの紹介などWIN5関連や予想の参考 になる様々な情報を提供。WIN5を的中させたい…そんな方はWIN5予想ブログで決まり!

カテゴリー:WIN5レース結果

11月3日のWIN5とアルゼンチン共和国杯の結果!

11月3日WIN5結果

いやー、今回のWIN5は荒れましたねー!的中票数が34票というのもうなずける結果でしょう!配当も1500万円を超えてましたし、WIN5特有の高額配当となりました!

特に荒れたのは2レース目の長岡京Sです。勝利したのは9番人気のティアップゴールドでした!ハンデ戦ではないレースでこのような波乱が待っていようとは誰が予想したでしょうか・・・。

ティアップゴールドは前走の1600万下で14番人気にも関わらず逃げて3着しているため、調子は上々だったのでしょうけど・・・。まさか逃げきれるとは思いもしませんでした。

3レース目の福島11RフルーツラインCも6番人気のルチャドルアスール勝利する波乱となっています。この馬は生粋の逃げ馬であり、これまでに出走したレースは着順に関係なく全て1着で通過しています。

福島ダート1150mのコースデータでは、逃げ馬の勝率が34.6%と圧倒的に高かったので、典型的な逃げ馬のルチャドルアスールは人気薄でもマークしておく必要がありましたね。

アルゼンチン共和国杯も荒れてますが、このレースは後ほど詳しく見ていきましょう!

アルゼンチン共和国杯はアスカクリチャンが勝利!

アスカクリチャン

アルゼンチン共和国杯の着順は以下のようになりました。

1着:アスカクリチャン(7番人気)
2着:アドマイヤラクティ(4番人気)
3着:ルルーシュ(3番人気)

今年のアルゼンチン共和国杯は7番人気のアスカクリチャンが制しました!1番人気のメイショウナルトは14着、2番人気のムスカテールも8着と波乱の展開で、上位人気で唯一3番人気のルルーシュが3着に入り、何とか王者としての面子を保つことが出来ました。

ハンデ戦とは言え、ここまで荒れるとは思いませんでしたね。短い間隔で使われてましたが、疲れを見せることなく、最後には強烈な末脚で最内を突破したのは圧巻です。アスカクリチャンはさすがに休養に入るみたいですので、ゆっくり疲れを取って欲しいですね。

年齢に注目した結果は?

過去10年間のレースデータでは4歳馬が連対率23%で最も好走していました。

今回勝利したアスカクリチャンは6歳ということでしたが、6歳馬も2勝、2着2回という成績で、4歳馬と5歳馬には負けますが、傾向的に悪くは無かったですね。

2着のアドマイヤラクティが5歳、3着のルルーシュも5歳ということで、今年は4歳馬が馬券には絡んでいません。4歳馬では最も好走したエックスマークでも7着が最高という結果でした。

前走クラスに注目した結果は?

アドマイヤラクティ

過去10年間のレースデータでは前走G2組が6勝、2着4回と圧倒的な強さを見せていましたが、今回勝利したアスカクリチャンの前走はOPレースで4着という結果でした。

前走OP特別組は過去10年間で1勝、2着1回という成績なので、全くダメという訳ではないですが、かなり稀なケースだと言えるでしょう。今回馬券に絡んだ他の2頭は前走が京都大賞典と札幌記念でG2レースからの出走でしたので、やはりG2組が強い傾向ではあるようです。

まとめ

<アルゼンチン共和国杯の予想をその結果>

ルルーシュ(3着)
ニューダイナスティ(11着)
メイショウナルト(14着)
ムスカテール(8着)
エックスマーク(7着)

今回はここまでメイショウナルトとムスカテールが崩れるとは思ってもいませんでした・・・。

特に1番人気のメイショウナルトが14着ですからね。メイショウナルトに騎乗した武豊騎手はレース後に、道中で掛かりっぱなしだったと敗因を分析していました。

メイショウナルトはここ5レースで連を外したことがなく、夏の小倉記念は勝利してますし絶好調かと思ってましたが、夏の疲れが出てしまったのもあるのでしょう。ナルトくんには、ゆっくり休んでまた、良い走りを見せてほしいですね!

人気急上昇中の注目予想サイト【大川慶次郎】

大川慶次郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP