試行錯誤を繰り返しめげずにWIN5予想を続けるけなげなブログ。 それがWIN5予想サイトブログ!競馬予想サイトの紹介などWIN5関連や予想の参考 になる様々な情報を提供。WIN5を的中させたい…そんな方はWIN5予想ブログで決まり!

カテゴリー:WIN5レース結果

1月5日のWIN5と中山金杯の結果!

0105win5結果

今年も競馬が始まりましたねー!!しかも、今年は午年です!これは競馬も盛り上がらない訳には行かないでしょう!と言うか、12年に一度と言うこともあるのでJRAには全力で盛り上げて頂きたい!!期待してますw。

1月5日のWIN5には中山金杯と京都金杯の2つの重賞レースが含まれていましたが、前回の記事では中山金杯を予想していたので、今回はこのレースを振り返りたいと思います!

中山金杯はオーシャンブルーが勝利!

中山金杯の着順は以下のようになりました。

オーシャンブルー

1着:オーシャンブルー(5番人気)
2着:カルドブレッサ(8番人気)
3着:ディサイファ(1番人気)

ハンデ戦ということもありましたが、今回の中山金杯は実力が拮抗していて中波乱のレースとなりました!勝利したのは5番人気のオーシャンブルー!オーシャンブルーは2012年12月の金鯱賞以来の勝利で、久々の復活勝利となっています。

今回の中山金杯がどのくらい実力が拮抗していたかと言うと、着差1秒以内に1着~13着までが入るという混戦ぶりでした。1着と13着のミッキーパンプキンを比べてみても、たった0.8秒しか差が有りません!

本当にどの馬が勝ってもおかしく無かったレースでしたが、その分予想は本当に難しかったと言えるでしょう。基本的に中山金杯は堅い傾向のレースでしたしね。

年齢に注目した結果は?

中山金杯は7歳馬の連対率が19%と高く、高齢馬だと言って消しとすることは出来ないレース傾向でした。また、5歳と6歳馬も勝ち馬を3頭も出していて年齢での判断が難しい傾向だったでしょう。

今回勝利したのは6歳のオーシャンブルー、2着も6歳のカルドブレッサ、3着は5歳のディサイファという結果でした。年齢的には5歳以上の馬が好走しており、かなり傾向通りの結果だったのではないでしょうか。

脚質に注目した結果は?

カルドブレッサ

過去10年間の傾向では差し馬が5勝、2着4回で最も好走していました。

現時点でコーナー通過順位がはっきりとは分かりませんが、1着オーシャンブルーは大体中団あたりでレースを進め、最後の直線で内ラチを豪快に差し切った感じだったでしょう。2着のカルドブレッサ、3着のディサイファもほとんど同じようなレース展開で、馬券に絡んだ3頭は全て差したと言えます。

個人的にミッキーパンプキンが逃げるかと思いましたが、大逃げをかましたのはドリームヒーローでしたね。ドリームヒーローは4コーナーまでは先頭を守りましたが、最後の直線で撃沈し、最終的に14着に終わりました。

その他の注目ポイント

この他にも、中山芝コースでの好走歴が必須という傾向が有りましたが、1着のオーシャンブルーは有馬記念で2着という好走歴が有りました。しかし、2着のカルドブレッサは特に中山での好走歴はなく、3着のディサイファは1600万下のレースで2着が最高で勝利経験は有りませんでしたね。

また、斤量に関してですが、過去10年間のデータでは55キロ以上の馬が好走していました。しかし、今回2着のカルドブレッサは斤量54キロとハンデの軽い馬だったので、かなりレアなケースだったと言えるでしょう。

この2つの傾向から見ても、2着のカルドブレッサを的中されることは至難の業でしたね。的中した方はおめでとう御座います!

まとめ

<中山金杯の予想とその結果>
ユニバーサルバンク(11着)
オーシャンブルー1着
ディサイファ(3着)
ミッキーパンプキン(13着)
サクラアルディード(9着)

今回は2着のカルドブレッサを的中させることが出来ませんでした。カルドブレッサは過去のレース傾向になかなか引っかからなかったので、予想が難しかったですw。

新年一発目の予想は外れてしまいましたが、今年もめげずに予想して行きますので、宜しくお願いしますm(__)m

見逃せない!注目予想サイト【大川慶次郎】

大川慶次郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP