試行錯誤を繰り返しめげずにWIN5予想を続けるけなげなブログ。 それがWIN5予想サイトブログ!競馬予想サイトの紹介などWIN5関連や予想の参考 になる様々な情報を提供。WIN5を的中させたい…そんな方はWIN5予想ブログで決まり!

カテゴリー:WIN5レース結果

3月2日の中山記念とWIN5の結果!

3月2日のWIN5結果

ご覧のとおり、3月2日のWIN5では2億円が出ました!!次回に持ち越されたキャリーオーバー額は2億6029万8530円となっています。2億円とキャリーオーバーが出たのは昨年10月以来で、史上5回目です。

1レース目の阪神10Rはハンデ戦ということもあり大きく荒れて、11番人気が勝利!620万票以上あった票数が一気に33,725票まで減少しました。今回のWIN5では、1レース目で望みが消えた方も多かったのではないでしょうか・・・。もちろん、私もその一人です(^O^)/

3レース目も14番人気が勝利する大波乱でした。これだと、例え1レース目を当てても3レース目で外してましたね。遅かれ早かれ今回は外れてたでしょう。

しかし、4レース目終了時には10票が残っていたにも関わらず、2番人気ジャスタウェイを当てれたのはそのうちたったの1票だけ!ってのには驚きました。他の9人は何故ジャスタウェイを買っていないんだー!!この人達は悔やんでも悔やみきれないだろうな・・・。

それでは前回の記事で、予想していた中山記念の結果を振り返って行きたいと思います。

中山記念はジャスタウェイが勝利!

ジャスタウェイ

中山記念の着順は以下のようになりました。

1着:ジャスタウェイ(2番人気)
2着:アルキメデス(4番人気)
3着:ロゴタイプ(3番人気)

かなりの混戦が予想された中山記念でしたが、終わってみると意外と堅い決着となりました。メンバー的にはもっと荒れてもおかしくはなかったんですけど。

勝利したのは昨年の天皇賞(秋)を制したジャスタウェイ!それにしても強い!2着のアルキメデスに3馬身半も差を付けています。3着ロゴタイプは半年以上ぶりのレースだったので、結果はまずまずだったのではないでしょうか。

単騎逃げが濃厚とされていて単勝オッズ2.7倍の1番人気に推されたトウケイヘイローはまさかの出遅れで6着に沈みました。最後の直線が短い中山コースでは出遅れは命取りとなってしまいますからね。

脚質に注目した結果は?

レースデータでは逃げ馬が圧倒的に強く、次いで先行馬が好走していました。

勝利したジャスタウェイコーナー通過順位は【3-4-3-3】で先行したことが分かります。2着のアルキメデスは【8-10-8-7】で差しており、ロゴタイプは【5-6-6-3】だったので差したと言えるでしょう。

今回はトウケイヘイローが逃げると思われましたが、出遅れたことでハナを切ることが出来ませんでした。強引に先頭に立ちましたが、最後の直線では余力がなく6着に敗れています。

年齢と性別に注目した結果は?

アルキメデス

過去10年間のデータでは4歳~8歳まで万遍なく勝ち馬が出ていたので、年齢は特に関係ない傾向でした。強いて言えば、6歳馬の連対率が最も高くなっていました。

勝利したジャスタウェイは5歳、2着のアルキメデスも5歳、3着のロゴタイプは4歳で、今回は6歳馬が馬券に絡むことはなく、4~5歳馬の比較的に若い馬が好走しました。

6歳馬で最も好走したのは11番人気で4着のマイネルラクリマです。この馬はこれまでに出走した道悪のレースの全て馬券に絡んでいたので、もう少し馬場が荒れていれば、結果は変わっていたかも知れませんね。

まとめ

<中山記念の予想とその結果>
トウケイヘイロー(6着)
カレンミロティック(14着)
ナカヤマナイト(13着)
ダイワマッジョーレ(8着)
ジャスタウェイ(1着)

ロゴタイプは半年以上ぶりのレースだったので、今回は様子を見てたんですが、休養中に一回りでかくなって筋肉も良くなってるという噂は本当のだったようですね。

4連勝中のアルキメデスは違いましたね。さすがに今回のメンバーでは勝つことは出来ませんでしたが、今年のG1レースで主役級となることは間違いないでしょう。今後が楽しみな1頭です。

WIN5情報も提供しているサイト【大川慶次郎】

大川慶次郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP