試行錯誤を繰り返しめげずにWIN5予想を続けるけなげなブログ。 それがWIN5予想サイトブログ!競馬予想サイトの紹介などWIN5関連や予想の参考 になる様々な情報を提供。WIN5を的中させたい…そんな方はWIN5予想ブログで決まり!

カテゴリー:WIN5レース結果

3月9日のWIN5と弥生賞の結果!

0309win5結果

3月9日のWIN5はキャリーオーバーが発生してましたが、結果は438票の的中で、245万6090円の払戻しとなりました!ちなみに、キャリーオーバーの2億6000万円がなかったら、約186万円くらいの払戻しとなっていたと思われます。

今回のWIN5で的中のカギとなったのは、やはり3レース目の上総Sでしょう。このレースでは最低人気の13番人気が勝利しており、当てるのが本当に難しいレースだったと言えます。残り票数も847,118票から2,172票まで激減しました。

それでも、2千票以上が13番人気を的中させていることには驚きです。普通に予想していれば当てることはほぼ不可能だったでしょう。どんな情報を握っていたのか気になりますねー。

3レース目以外の4レースは全て1番人気の勝利でガッチガチに決まってます。1レース目と4レース目がハンデ戦だったので、荒れるならどちらかかなと予想してましたが、荒れたのは定量戦でしたw。これは難し過ぎるw。

それでは、前回の記事で予想していた「弥生賞」の結果を振り返って行きたいと思います。

弥生賞はトゥザワールドが勝利

トゥザワールド

弥生賞の着順は以下のようになりました。

1着:トゥザワールド(1番人気)
2着:ワンアンドオンリー(4番人気)
3着:アデイインザライフ(2番人気)

勝利したのは1番人気トゥザワールドでしたが、2着のワンアンドオンリーとの着差はハナ差!だいたい4センチ差くらいで、タイム的には同じでした。テレビで中継を見ていた感じでは、ワンアンドオンリーが勝ったと思いましたね。

最後の直線でトゥザワールドも伸びていたんでしょうけど、後ろからぐんぐん伸びてくるワンアンドオンリーの末脚が凄すぎて、あんまり伸びてないように感じるくらいでしたよ。距離があと10メートルでも長かったら、ワンアンドオンリーが勝ってたでしょうね。

過去10年間のレースデータ的には平穏な傾向でした。今回も荒れることなく傾向通りに落ち着いた結果となっています。

前走に注目した結果は?

前走レースのクラスに注目すると、前走オープン以上で且つ掲示板に載った馬が好走しているという傾向でした。

今回馬券に絡んだ3頭の前走はこのようになっています。
・1着トゥザワールド・・・若駒S(OP) 1着
・2着ワンアンドオンリー・・・ラジオNIKKEI杯(G3) 1着
・3着アデイインザライフ・・・京成杯(G3) 3着

3頭とも好走条件を満たしている馬でしたね。今回3番人気に推されたキングズオブザサンも前走の京成杯で2着だったので好走条件は満たしてましたが、最後に伸び切れずに5着に敗れています。

川田騎手と横山典騎手が好調!

川田騎手

1着トゥザワールドに騎乗していた川田騎手は、前日のチューリップ賞(G3)をハープスターで制していたので、2日連続での重賞制覇となりました!騎乗停止を明けてから、調子を上げてきている感じがしますね。

2着ワンアンドオンリーに騎乗した横山騎手も、今調子の良い騎手の一人でしょう!3月2日の中山記念をジャスタウェイで制したのは記憶に新しいですね!また、3月8日のオーシャンS(G3)をスマートオリオンで勝利しましたので、弥生賞であわや重賞3連勝かと思われました。

今回の弥生賞で横山典騎手はもう少し早めに追っていれば届いたんじゃないか思われるので、悔しい2着でしたね。この2人の騎手には今後のレースでも注目ですよ!

まとめ

<弥生賞の予想とその結果>
トゥザワールド1着
ワンアンドオンリー(2着)
キングズオブザサン(5着)
アズマシャトル(6着)
イタリアンネオ(12着)

1着と2着は的中しました!しかし、4番人気のワンアンドオンリーでも単勝オッズ9.8倍という低さだったので、馬単でも860円という低い配当でしたw。

3着に関してはどの馬が入ってもおかしくはないと思いましたが、アデイインザライフは選んでませんでしたね・・・。2番人気だったのに・・・。

今週末は桜花賞トライアルのフィリーズレビューが行われます!これもクラシック路線の重要な1戦なので、予想頑張りますよー!

人気急上昇中の注目予想サイト【大川慶次郎】

大川慶次郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP