試行錯誤を繰り返しめげずにWIN5予想を続けるけなげなブログ。 それがWIN5予想サイトブログ!競馬予想サイトの紹介などWIN5関連や予想の参考 になる様々な情報を提供。WIN5を的中させたい…そんな方はWIN5予想ブログで決まり!

カテゴリー:WIN5レース結果

1月20日のWIN5とアメリカJCCの結果

0120win5結果

今回1月20日のWIN5は、人気上位馬が多く勝利していた前回や前々回とは異なり、1番人気や2番人気の馬は1頭も勝つことが出来ませんでした。1レース目の若潮賞から7番人気のケイアイエレガントが勝利するという波乱の幕開けでしたが、その後のレースでは5レース目の羅生門Sで6番人気のトラバントが勝利したことが意外でしたね。

WIN5では6番人気や7番人気が何頭か絡んで来ると、一気に難易度が増す気がしますね。今回は7番人気と6番人気が勝利しているので、難易度が高くなり、的中票数は34票、払戻金は17,109,630円という結果になっていました。

WIN5攻略法というページでも書いているのですが、私は基本的に人気馬と穴馬をバランス良く選ぶのが良いと考えていますが、今回のような結果ですと、買い目を絞って買って的中させるとなるとなかなか難しいですね。しかし、的中させるうには買い続けることも大事ですので、その点もお忘れなく!

先週はWIN5に含まれていたレースの中で、アメリカJCCを予想していたので、今回の記事ではこのレースを振り返って行きたいと思います。先週書いたアメリカJCCの予想記事は下のリンクからご覧ください。
1月20日のアメリカJCCの傾向と予想

アメリカJCCはダノンバラードが勝利

アメリカJCCの着順は以下のようになりました。

1着:ダノンバラード(3番人気)
2着:トランスワープ(5番人気)
3着:アドマイヤラクティ(2番人気)

波乱のレースが多い中山の中でも、芝2200mは順当に決着することが多いとのことでしたが、今回も馬券に絡んでいるのは5番人気以内の馬でしたね。しかし、1番人気で唯一の有馬記念からの出走となったルルーシュが7着というのは意外な結果と言えるでしょう。ルルーシュに騎乗したマクドノー騎手によると、ゲート内で他の馬に驚いたのか前扉に顔をぶつけてしまって出遅れてしまったことが敗因だったようです。

ルルーシュは単勝オッズも2.4倍となっていて、かなり堅いかと思ってましたが、競馬は本当に何が起こるか分かりませんね。

5歳以下に注目した結果は?

アメリカJCCでは5歳以下の馬が好走しているという傾向がありましたが、1着ダノンバラードが5歳、2着トランスワープが8歳、3着アドマイヤラクティが5歳という結果になりました。6歳以上の馬が連対する確率は13%以下なので、2着で8歳のトランスワープが連対したことはかなり稀なケースだと言えるでしょう。

また、前走が重賞レースで着順が1桁だった5歳以下の馬は複勝率が42.4%という傾向がありましたが、これに該当したダノンバラード、アドマイヤラクティ、ルルーシュの内、2頭が3着以内に入ったので、この傾向はかなり信頼度の高いものだと言えますね。

上位人気馬に注目した結果は?

アメリカJCCでは過去10年間データから1番人気の期待値があまり高くないという傾向でしたが、今回のルルーシュの結果に見事に当てはまっていました。また、過去10年の勝ち馬は全て5番人気以内の馬という傾向がありましたが、今回勝利したダノンバラードも3番人気でしたので、この傾向が当てはまりますね。

10番人気の馬は10年間で1度も馬券に絡んでいないという傾向もありましたが、今回も10番人気以下の馬は馬券には絡んでおらず、5着に12番人気のマカニビスティーが入るのがやっとでしたね。

まとめ

<アメリカJCC予想の結果>
アドマイヤラクティ(2着)
ダノンバラード1着
ルルーシュ(7着)
マルカボルト(6着)
ゲシュタルト(9着)

今回はあと、トランスワープさえ選んでおけば・・・。というかなり悔しい結果となってしましました。データ的に6歳以上の馬が馬券に絡む確率が低かったこともあり、8歳ということで早々に消してしまいましたからね・・・。別の角度から傾向を見てみると、何かしらの好走のヒントがあったのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP