試行錯誤を繰り返しめげずにWIN5予想を続けるけなげなブログ。 それがWIN5予想サイトブログ!競馬予想サイトの紹介などWIN5関連や予想の参考 になる様々な情報を提供。WIN5を的中させたい…そんな方はWIN5予想ブログで決まり!

カテゴリー:WIN5レース結果

6月9日のWIN5とエプソムCの結果!

0610win5結果

それでは早速、昨日6月9日に行われたWIN5の結果を見て行きたいと思います。
2レース目の小豆島特別でデコルテが除外となったため、2,523,700円が返還されています。

今回のWIN5では、1レース目~3レース目までは1番人気-2番人気-1番人気と上位人気が順当に勝利していますが、4レース目で7番人気のマルセリーナ、5レース目で4番人気のクラレントが勝利し、残り2レースで若干荒れた印象ですね。

的中票数は344票、払戻金は1,490,820円!7番人気と4番人気が入っただけで100万円を超えてきました。前回6月2日のWIN5では3レース目で9番人気が勝利しましたが払戻金は316,580円だったことを考えると意外に感じますね。

4レース目で7番人気のマルセリーナが勝利したことで残り票数が43,760票から1,976票まで減少したのは理解できますが、5レース目で4番人気のクラレントが勝利して1,976票から344票まで減るとは予想外でした。5レース目のエプソムCは1番人気が圧倒的に優勢だったということで、もしかすると、5レース目は1番人気のサトノアポロだけに絞っていた方が多かったのかも知れませんね。

前回の記事では6月9日のWIN5に含まれていたエプソムCを予想していたので、ここからはエプソムCの結果を振り返って行きたいと思います。

エプソムCはクラレントが勝利

クラレント

エプソムCの着順は以下のようになりました。

1着:クラレント(4番人気)
2着:ジャスタウェイ(3番人気)
3着:サンレイレーザー(7番人気)

エプソムCはとにかく上位人気の馬が強い傾向で、1番人気にいたっては勝率40%、連対率60%、複勝率90%で過去10年で馬券圏外になったことはないくらいでした。が、今回1番人気だったサトノアポロはまさかの7着と凡走・・・。サトノアポロに騎乗した蛯名騎手は東京の芝1800mで勝利数が多い騎手なので、行けると思ったのですが。

2番人気のファイナルフォームも5着と掲示板に入るのが精一杯な結果でしたね。1番人気と2番人気は馬券に絡めませんでしたが、2桁人気の馬が突っ込んでくるような大波乱はなく、4番人気-3番人気-7番人気という中波乱くらいの決着となっています。

脚質に注目した結果は?

過去10年間のレース傾向では、先行馬が圧倒的に好走していて、1着馬だけに限ると、その70%は先行馬が占めていました。

今回1着だったクラレントのコーナー通過順位は2-2-2と、珍しく番手を追走しており先行したのが分かります。しかし、2着のジャスタウェイはコーナーを14-11-11で回っており、切れる末脚を存分に活かし、差した形となりました。

また、3着サンレイレーザーは5-4-5でコーナーを通過しおり、先行してますね。やはり、レース傾向とコース傾向通り、先行した馬が好走しました。

前走レースに注目したけっかは?

クラレント

前走レースに注目すると、前走が京都競馬場と阪神競馬場のG2レースに出走していた馬の勝率が最も高くなっていました。

1着のクラレントの前走は京都競馬場で行われたマイラーズC(G2)で、傾向通りとなっています。この傾向には他に、サンレイレーザー、ファイナルフォームの2頭が該当していて、サンレイレーザーは7番人気ながら3着と好走しました。

勝利回数でトップだった新潟大賞典組はアドマイヤタイシとサトノアポロが出走していましたが、10着と7着に敗れています。

まとめ

<エプソムCの予想とその結果>
アドマイヤタイシ(10着)
サトノアポロ(7着)
リルダヴァル(4着)
ファイナルフォーム(5着)
クラレント1着

今回はガッチガチの予想で外してしまったのが恥ずかしいくらいです・・・。クラレントを予想にいれていたのがせめてもの救いでした。

次回からもめげずに予想して行きますので、よろしくです!

人気急上昇中の注目予想サイト【大川慶次郎】

大川慶次郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP