試行錯誤を繰り返しめげずにWIN5予想を続けるけなげなブログ。 それがWIN5予想サイトブログ!競馬予想サイトの紹介などWIN5関連や予想の参考 になる様々な情報を提供。WIN5を的中させたい…そんな方はWIN5予想ブログで決まり!

カテゴリー:WIN5レース予想

12月23日有馬記念の傾向と予想

今週末の12月23日は国民的イベントである「有馬記念」が中山競馬場で開催されますね。このレースは有力馬が勢揃いするので、競馬ファンならずとも楽しみにしていた方は多いでしょう。

今回はこの有馬記念がWIN5のレースに含まれているので、このレースを予想していきます!それでは、過去10年間のデータを元にレース傾向を見て行きましょう!

中山 芝2500mの傾向

中山の芝2500mは少頭数のレースが多いので、16頭立てのレースの数はかなり少なく、コース傾向はあまり信頼できない可能性がありますので、その点は覚えておきましょう。

人気順で見た場合、6番人気以内の馬は連対率30%で、複勝率は42.3%となっていて、7番人気以下の馬は連対率3.2%、複勝率7.5%とかなり確率が低くなるので、コース傾向的にはあまり荒れないコースのようですね。

枠番について見てみると、内枠がかなり有利で、連対率18.8%で、外枠は連対率4.2%と大きく差があるので、8枠に入った馬は割り引いて考える必要があるでしょう。

4歳以下の馬が好走

中山の芝2500mの傾向的にはあまり荒れないコースのようでしたが、それとは裏腹に有馬記念は荒れるレースとなっていいます。過去10年で、馬連の万馬券が3回、3連複の万馬券が5回と波乱含みの傾向となっていました。

レース傾向でまず注目したいのは若い馬が好走している点です。連対馬20頭の中で4歳以下の馬は15頭もいました。4歳以下の勝率は12.5%、連対率は20.8%で、一方、5歳以上の勝率は1.4%、連対率は6.9%となっており、どれだけ若い馬が好走しているかが分かるでしょう。

<4歳以下の馬>
・ウェルテクス
・ゴールドシップ
・スカイディグニティ
・デスペラード
・ナカヤマナイト
・ルルーシュ

内枠有利

枠順の有利不利に関してはコースデータと同じ結果が出ており、内枠がかなり有利となっています。1枠~4枠に区切って見てみると、複勝率は29.2%となっており、これに対して5枠~8枠の複勝率は13.9%と半分以下。このデータからも分かるように完全に内枠が有利でしょう。

今年は最有力馬のゴールドシップが7枠14番に入ったので、結果にどう影響してくるのか楽しみですね。ゴールドシップの実力が本物ならば勝ち負けになるでしょうね。

前走に注目

前走がジャパンカップだった馬が多く出走する有馬記念だが、その成績はあまり良くなく、勝率では若干、他のレースを上回っているものの、複勝率では17.6%と他のレースに出走した馬の成績を下回っている。

しかし、前走ジャパンカップ組の場合、2番人気以内かつ3着以内だった馬は勝率が50%となっていて、この条件に合致する馬がいれば即買いでしょう。今回の有馬記念では、ゴールドシップとルーラーシップの2頭が該当しています。

予想

以上を踏まえて予想をした結果、下記のようになりました。やはりゴールドシップの評価が高くなってしまいましたー!この強さで負担重量が他の古馬よりも2キロも軽いのは、やはり強みとなるでしょうね。

ゴールドシップ
ルーラーシップ
エイシンフラッシュ
ナカヤマナイト
ダイワファルコン

WIN5情報を提供している注目の予想サイト!

ベストレコード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP