試行錯誤を繰り返しめげずにWIN5予想を続けるけなげなブログ。 それがWIN5予想サイトブログ!競馬予想サイトの紹介などWIN5関連や予想の参考 になる様々な情報を提供。WIN5を的中させたい…そんな方はWIN5予想ブログで決まり!

カテゴリー:WIN5レース予想

12月24日阪神カップの傾向と予想

今回は12月24日に行われるWIN5の5レースの中から、阪神カップについて傾向の分析とレース予想をして行きたいと思います。

この阪神カップは2006年に新設された重賞レースで、スプリンターとマイラーが一同に会して激突する新たな魅力を持ったレースとなっています。スプリンターとマイラーが入り混じるため、レースは毎年、混戦模様となっているようですね。

それでは、過去6回のレースデータを元に、阪神カップのレース傾向の分析と予想をして行きます!

阪神 芝1400mの傾向

まずはコース傾向から見てみましょう。阪神の芝1400mは内回りコースを使用しており、外回りと比べるとカーブがきついため、コーナーでは膨らみがちになります。そのため、外側の馬は距離損をしますが、最初のコーナーまでが443mと長く、ポジションを確保することが出来るので、枠順に関してはそれほど有利不利はないでしょう。

レース中盤で下りになりテンポが速くなるので、1200mに比べると逃げ馬が前に残りにくくなります。また、レースのクラスが上がると、差し馬の好走が目立つようになっていました。

レース傾向から見た枠順

コース傾向的には、最初の直線が長いので、枠順はあまり関係ないようでしたが、レース傾向ではどうでしょうか。

過去6回のデータで、最も好走しているのは7枠で、勝率・連対率・複勝率ともにトップで、次に好走しているのは2枠ですね。勝率では1枠を下回っていますが、連対率・複勝率では2番手となっています。

一方、成績が思わしく無いのは3枠と6枠で、これまで3着以内に入った馬はゼロとなっています。レース傾向からも、内枠と外枠のどちらが有利かははっきり判断できないので、コース傾向と同じような結果が出ていますね。

単勝オッズに注目

このレースでは毎年、10番人気以下の馬が馬券に絡んで来ますが、1着に限って見ると、1番人気の単勝オッズが4.9倍以下の馬が勝率33.3%で圧倒的に高い数字を残しています。1着を狙うWIN5では、人気の馬を買うのが賢明のようですね。

しかし、5.0倍~6.9倍になると、3着以内に入った馬はゼロとなるので注意が必要でしょう。また、WIN5を予想する上では、30倍以上の馬も今まで1度も1着になったことがないので注意が必要です。

差し追い込みに注目

このレースの傾向は決まり手に特徴がで出ており、後方からの差しや追い込みが良く決まっています。そのため、前走で差し・追い込んでレースをしていた馬の方が有利と言えるでしょう。また、前走で差し・追い込んでいれば、10着以下と大敗していても、阪神カップのレース結果にはマイナスとならないようですね。

<前走で差し追い込んだ馬>
・アドマイヤセプター
・インプレスウィナー
・クラレント
・サンカルロ
・フィフスペトル
・フラガラッハ
・ブライトライン
・マルセリーナ
・レオアクティブ

予想

単勝オッズは現時点ではまだわかりませんが、以上を踏まえて予想した結果、下記のようになりました。基本的に早い上がりの馬重視と言ったところでしょうか。

サンカルロ
マルセリーナ
レオアクティブ
クラレント
アドマイヤセプター

人気急上昇中の注目予想サイト【大川慶次郎】

大川慶次郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP