試行錯誤を繰り返しめげずにWIN5予想を続けるけなげなブログ。 それがWIN5予想サイトブログ!競馬予想サイトの紹介などWIN5関連や予想の参考 になる様々な情報を提供。WIN5を的中させたい…そんな方はWIN5予想ブログで決まり!

カテゴリー:WIN5レース予想

4月14日の皐月賞の傾向と予想!

先週の桜花賞から今年もクラシック戦線が始まり、競馬が盛り上がる時期となりましたね!
桜花賞は牝馬限定のクラシックレースでしたが、今週末は牡馬のクラシック第一弾となる「皐月賞」が開催されます!

クラシック3冠の最初のレースということだけあって、良血統の有力馬が多く出走を予定しています。弥生賞を制したのが記憶に新しいディープインパクト産駒のカミノタサハラ、キングカメハメハ産駒のコディーノ、シンボリクリスエス産駒のエピファネイアなど血統だけ見ても混戦模様となっていますね。

そんな中、種牡馬自身はG1未勝利ながら有力な馬を送り込む種牡馬がいるようです。それは、ロゴタイプの父であるローエングリン
この種牡馬に注目が集まったのは昨年のフューチュリティSですが、なぜ一流血統ではないローエングリン産駒が活躍しているのかはスポルティーバのサイトに詳しく書かれていましたので、興味のある方はご覧ください。
http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/keiba_fight/2013/04/11/___split_24/index.php

それでは、皐月賞の傾向を見て行きましょう!
レースデータは2011年の東京開催を除く、過去9回分を参考にしています。

大荒れの可能性大!

ロゴタイプ

過去9回のレースデータでは、1番人気と2番人気で決着がついたのは2003年の1回のみで、どちらも馬券圏外になったのは2006年~2009年の4回もありました。連対馬18頭のうち、半分以上ノ10頭は6番人気以下の馬で、また、10番人気以下の人気薄が馬券に絡んだことが5回もあり、波乱傾向の強いレースとなっています。

そのため、平均配当も高くなっており、単勝1128円、馬連1万6067円、3連複4万970円でこれだけ見ても荒れるレースということが分かるでしょう。人気薄でもガンガン突っ込んで来るので、予想を立てることが難しいレースですね。

脚質は差し馬が優勢!

連対率だけでいうと、逃げ馬が連対率20%で最も高い数値となっていますが、過去9回で出走数が10頭と少ないためデータ的な信頼度は低いと思われます。また、逃げ馬と先行馬の決着は2004年と2007年の2回のみで、差し馬が好走することが多いようですね。

2009年~2012年の直近の3回は1着が差し馬、2着が追い込み馬で決まっており、追い込み馬は1着には届かないものの馬券には絡む可能性が高いようです。

前走トライアル組が好走!

コディーノ

前走でG2レースに出走していた馬が連対率13%で高い信頼度を残していて、具体的には弥生賞が5頭スプリングSが7頭が連対しています。前走でオープン特別に出走していた馬も数は少ないながらも、5連対と健闘しており、その全ての馬が若葉S組となっています。そのため、若葉S組からのローテの馬も軽視は出来ません。

前走トライアル組が圧倒的に強く、トライアル以外の毎日杯やアーリントンCからのローテ組は苦戦していますが、唯一の例外は共同通信杯から直行した昨年の優勝馬ゴールドシップのみとなっています。これはゴールドシップが異質だっただけで、本当に例外だったのではないかと思われますね。

お手頃価格でWIN5情報を提供中!

公式サイト大川慶次郎

大川慶次郎

大川慶次郎ではWIN5の情報を提供していますので、難しいWIN5の予想もラクラクですよ。また、無料情報には重賞レースの推奨馬を追い切りを基準に選んでくれているコンテンツもあるので、とても参考になります。

大川慶次郎の詳しい情報はこちらの検証ページで見れますよ。

皐月賞の予想

皐月賞は関西の馬が圧倒的に強い傾向もありましたが、今回は美浦所属のロゴタイプが出走するので、その点はあまり考慮しませんでした!

ロゴタイプ
コディーノ
タマモベストプレイ
インパラトール
カミノタサハラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP