試行錯誤を繰り返しめげずにWIN5予想を続けるけなげなブログ。 それがWIN5予想サイトブログ!競馬予想サイトの紹介などWIN5関連や予想の参考 になる様々な情報を提供。WIN5を的中させたい…そんな方はWIN5予想ブログで決まり!

カテゴリー:WIN5レース予想

宝塚記念の傾向と予想!

今回は待ちに待った宝塚記念!!今回の宝塚記念は3強が出揃うということで、ネットやテレビでも多く報道されているので、もはや説明は不要でしょう!

梅雨時期ということで、雨の心配もされますが、3強が順当に勝利するのでしょうか!?はたまた、伏兵が突っ込んでくるのか!?

宝塚記念は6月23日に行われるWIN5のレースにも含まれていますので、今回はもちろん宝塚記念の傾向と予想について書いて行きたいと思おいます!!

基本的には堅めの決着

ジェンティルドンナ

2007年以降の過去6年間のデータを見てみると、単勝の平均配当は1,328円と割と高いことが分かります。2011年の6番人気アーネストリー、2010年の8番人気ナカヤマフェスタが勝利しているため割と高くなっているのだと思われますね。

一方で、馬連の平均配当は2,165円、3連複が4,545円とそこまで高くありません。これは、2~3着には人気上位の馬がきっちりと入って来ているということですね。過去6年間で馬券に二桁人気の馬が絡んだのは、2008年のみで、3着に11番人気のインティライミが入っています。

過去6年間のデータから、基本的には人気サイドの決着が多く、大穴が馬券に絡んでくることは、かなり稀なケースだと言えますが、6番人気や8番人気が勝利したこともあるので、中穴には注意を払いたいですね。特に、2010年のように馬場状態が悪くなった時には注意でしょう。

脚質に注目

<1着馬の脚質>
【逃げ】16.7% 【先行】16.7% 【差し】50.0% 【追込】16.7%

1着馬の脚質を見ると、断トツで差し馬が優勢。勝利した馬の半分は差したことになります。WIN5や軸を考える場合は差せる馬から中心にして方が良さそうですね。

<3着以内馬の脚質
【逃げ】5.6% 【先行】44.4% 【差し】33.3% 【追込】16.7%

3着以内までデータを広げると、最も好成績を残しているのは差し馬ではなく、先行馬。粘った逃げ馬や先行馬を鮮やかに差し馬が差しきる!というのが想像できますね。そのため、1着馬は差し馬中心2着と3着は先行馬が予想の中心となるでしょう。

前走に注目

フェノーメノ

ここはちょっと遡って過去27年間分のデータを見てみようと思います。

過去27年間のデータでは、1着馬の前走着順を見てみると、
前走1着馬 13勝
●前走2着馬 5勝
●前走3着馬 5勝
●前走4着馬 1勝

となっており、前走で1着だった馬が圧倒的に強い傾向となっています。また、過去27年間で勝利した馬は27頭いますが、そのうち23頭が前走3着以内の馬という結果となっていますね。

つまり、前走で3着以内に入れていない馬はかなりの苦戦を強いられる可能性が高いですね。この傾向から行くと、ゴールドシップが厳しい状況かと思われます。

しかし、昨年のオルフェーヴルのように春天11着から宝塚記念を制した前例もありますので、実力がある馬に関しては前走はあまり関係がないかも知れませんね。

【注目の予想サイト】大川慶次郎

公式サイト⇒大川慶次郎

大川慶次郎無料情報

先週、大川慶次郎ではユニコーンSの推奨馬を無料情報として提供していましたが、見事に1着ベストウォーリア2着サウンドリアーナを的中させています。

ユニコーンSはWIN5に含まれていたレースだったので、この大川慶次郎の無料の推奨馬情報を確認しておけば、6月16日のWIN5はほとんどWIN4のようなものだったでしょう!今週も重賞レースの推奨馬を提供しているので、注目のサイトです。

予想

個人的に3強が敗れることがあるとするならば、トーセンラーではないかと思ってます!春天でフェノーメノに負けてはいますが、最後まで食らいついていますし、またそこから成長しているようですし。騎乗する武豊騎手は阪神の芝2200mを得意としているのも1つの理由ですね。

ジェンティルドンナ
フェノーメノ
ゴールドシップ
トーセンラー
ダノンバラード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP