試行錯誤を繰り返しめげずにWIN5予想を続けるけなげなブログ。 それがWIN5予想サイトブログ!競馬予想サイトの紹介などWIN5関連や予想の参考 になる様々な情報を提供。WIN5を的中させたい…そんな方はWIN5予想ブログで決まり!

カテゴリー:WIN5レース予想

2016年9月18日のWIN5を予想!

2016年9月18日のWIN5を予想!

9月18日WIN5

今回は9月18日のWIN5の予想をしていこうと思います。凱旋門賞の前哨戦のニエル賞に出走したマカヒキも見事勝利していましたね!さて、今回はローズS(G2)とセントライト記念(G2)が今週のWIN5対象の重賞レースとなっています。みなさんのWIN5予想の参考になれば幸いです!

それでは1レース目から予想していきます。

1レース目 中山9R 浦安特別(ダ・1200m)

◎ヨンカー
カネータ
ヨシオ

過去のレースの特徴

例年1番人気が確実に結果を残しています。13年に上位人気の全滅がありましたが、基本的に堅く決まりがちなので人気馬から狙っていくのが良いでしょう。

年齢で見ると3歳~5歳までに勝利が有ります。また、性別でみると牝馬・牡馬ともに過去5年で2勝ずつしており、斤量面の恩恵も考えて、見ていく必要があります。また過去5年で逃げ馬が【3-0-1-0】と抜群の成績を残してるので、逃げそうな馬は確実に選んでおきましょう。

基本的にダート短距離ということで、先行馬が有利です。しかし、芝スタートということに加え3コーナーまで下り坂が続くということで、前半がハイペースになると差しが決まることも多々有ります。

ヨンカー

私はヨンカーを本命とします!

今回ハナを切って逃げそうなのがこのヨンカーです。前々走では9着と負けはしましたが、オープン馬相手にハイペースの中で持ち味のスピードを最大限に活かした走りができていました。中山での勝利経験もありますし、この条件ならあっさりと逃げ切ることもありそうです。

カネータは差す競馬で持ち味が生きる1頭で、脚質に幅が出てきたことは逃げたい馬が多くいる今回はプラスです。前々走の中山・ダ・1200mで差し切り勝ちをしているように、展開次第で差しも決まりやすいコースなので、昇級戦とはいえ期待ができます。

2レース目 阪神10R 仲秋S(芝・1400m)

◎ムーンクレスト
サンマルホーム
ブラヴィッシモ

過去のレースの特徴

過去4年を見ても上位人気5頭での決着となっており、馬券にも過去4年で8番人気と6番人気が1度ずつ絡んだ程度で、概ね平穏なレースとなっています。

年齢で見ると5歳馬が3勝、4歳馬が1勝となっています。しかし、馬券内で見ると4歳馬は2着2回 3着2回に対して、5歳馬は2着3着共に0回という結果となっています。なので有力な5歳馬以外を除いては基本的に4歳馬を選んでいくと良いと思います。

牡馬・牝馬共に2勝ずつ上げています。しかしハンデの恩恵が大きいというわけではなく、極端な軽ハンデの馬は勝利出来ていません。好成績を残しているのは54~56kgの馬となっています。

スタート後は第3コーナーまでが長く平坦なので、ペースが早くなりやすく、逃げ馬にはきつい展開となることが多いです。

私はムーンクレストを本命とします!

前走は直線の長い新潟でスローペースの直線勝負となり二桁着順となりました。しかし、前々走ではハイペースの中、好位追走から直線ではしぶとく伸びて勝利しています。今回もある程度早いペースとなりそうですし、前々走のような走りができるのではないでしょうか?

サンマルホームは、ここ5戦で思ったように結果が出せていないですが、5戦全てでメンバー3位以内の上がりタイムを安定して出しています。安定した決め手はまだまだ健在ですし、この少頭数なら十分に差し切り勝ちもあります。

3レース目 中山10R レインボーS(芝・2000m)

◎カルヴァリオ
ケイアイチョウサン
マローブルー
シャドーウィザード

過去のレースの特徴

1番人気、2番人気の勝率がよくこの2頭は押えておく必要があります。加えて中穴の馬にも警戒しておきましょう。

年齢でみると、4歳と5歳で勝利を分けているので、この年代から選んでいくのが良さそうです。また牝馬の勝利は過去5年間無いので、牡馬中心に選んでいきましょう。

また中山開催の過去5年では、父サンデーサイレンス系が全4勝をあげていてこの点は必須条件です。前走1着の馬は【2-2-0-2】と好走しているのに対して、2着~5着の馬は【0-0-1-12】と大苦戦していることも覚えておきましょう。

カルヴァリオ

私はカルヴァリオを本命とします!

カルヴァリオは父ディープインパクトでSS系ですし、前走の函館・芝・2000mでは昇級戦&距離延長という課題を難なくこなして勝利しています。資質は間違いなく良い物を持っていると思いますし、調教でも良い動きを見せていたので、昇級戦となる今回も上位争いは必至でしょう。

ケイアイチョウサンは父ステイゴールドで、2ヶ月の休み明けということでリフレッシュ効果も見込めます。終いの脚は良い物を持っているので、良い位置取りさえできれば、持ち味を活かすことができるでしょう。

マローブルーは前走は+20kgの馬体重で挑みましたが、これは馬体の成長分だったようです。前走の敗因はスローペースの展開だったところにあり、今回も展開次第では十分に勝ち切る力はあります。

4レース目 阪神11R ローズS(芝・1800m)

◎シンハライト
ジュエラー
デンコウアンジュ

過去のレースの特徴

過去10年で見ると1番人気4勝と信頼できますが、二桁人気の勝利こそないものの、中穴の勝利も多く一筋縄では攻略できそうにありません。

脚質で見ると差し馬が優勢で、前年も後方からの競馬をした3頭での決着となっています。また過去10年で前走4着以内の馬が馬券内の大半を占めているので、この点にも注意してみていきましょう。

また中8週以内で出走してくる馬はわずか1勝で、中9週以上の夏に休養を十分にとった馬が好走しています。

シンハライト

私はシンハライトを本命とします!

シンハライトの成績は【4-1-0-0】で、2着に終わった桜花賞は写真判定の末の2着で、ここまで完璧といってもいい走りを見せています。前走のオークスでは馬群に囲まれる苦しい位置の中から突き抜けてきたパフォーマンスは圧巻でしたし、瞬発力・勝負根性において一級のものを持っています。3歳牝馬3強のジュエラーやメジャーエンブレムが故障を発生させる中、シンハライトは順調に秋を迎えたということも好材料です。

桜花賞でシンハライトをハナ差で破った実力は本物で、その後骨折がありながらも秋華賞に向けて順調に来ているようです。骨折明けということで2番手評価にしましたが、調教でも良い動きを見せているようなので、問題はないのでしょう。

5レース目 中山11R セントライト記念(芝・2200m)

◎ディーマジェスティ
マウントロブソン
メートルダール

過去のレースの特徴

人気別で見ると5番人気以内で5勝にとどまっており、荒れるレースとなることも考えた予想をしておきましょう。

脚質から見ると、先行馬が6勝と好成績を残しています。これは基本的に中団より前目で競馬ができないと勝ち切れないということでしょう。

ここ2年の馬券に絡んだ6頭の内5頭が日本ダービー組ということなので、前走日本ダービーの馬には要注意です。

ディーマジェスティ

私はディーマジェスティを本命とします!

荒れそうなレースですが、ここは皐月賞馬ディーマジェスティを信頼したいと思います。夏に蹄を負傷するアクシデントがありましたが、出走してくるということは影響は無いのでしょう。本番の菊花賞を見据えた仕上げ方になってくると思いますが、調教は古馬相手に抜群の動きを見せて先着していました。皐月賞の結果からも中山適性は申し分はありませんし、このメンバーなら地力も一枚上手の存在です!

長く良い脚を使うタイプのマウントロブソンに外回りの中山は合っていますし、中山での成績は【2-0-0-1】と得意としている舞台です。1週前追いきりではまだ重たい感じがありましたが、ひと追いごとに良くなってきているようです。

今週のWIN5予想まとめ

1レース目 中山9R 浦安特別
◎ヨンカー
カネータ
ヨシオ
2レース目 阪神10R 仲秋S
◎ムーンクレスト
サンマルホーム
ブラヴィッシモ
3レース目 中山10R レインボーS
◎カルヴァリオ
ケイアイチョウサン
マローブルー
シャドーウィザード
4レース目 阪神11R ローズS
◎シンハライト
ジュエラー
デンコウアンジュ
5レース目 中山11R セントライト記念
◎ディーマジェスティ
マウントロブソン
メートルダール

今回は以上のように予想しました。合計324点です!

WIN5は的中実績重視の競馬予想サイトを使おう!

競馬スピリッツ

2ヶ月に1度ほど的中を出している競馬スピリッツを紹介したいと思います!先月も100万超えの的中を出していました!私の経験上夏から秋にレースの傾向も変わって2回目のWIN5となる今回は、競馬スピリッツも傾向を掴んできていると思うので、信頼度の高い予想を出してくるのではないかと思っています。

点数絞りに悩んでいる人は、競馬スピリッツのWIN5予想を利用してみてはいかがですか?↓↓

>>競馬スピリッツの予想を見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP